物置検討中

毎回書いてますが、とにかく片付きません!涙



(画像はお借りしています)

その理由のひとつに、物が多すぎるということが一つ。これでも断捨離してるつもりなんですが、なんと言っても物持ちの良すぎる母が1階に暮らしてるのでやっぱり難しい。「母が一緒=家のものが全部一緒」ということでお盆の時に使う物やらお正月用品やら七五三の着物やら…とにかく一生のうちあと何回使うのか謎だけどなんとなく捨てられないものが多いのはもちろんですが、母は物の多さが豊かさの象徴だった時代を生きてるので、断捨離なんて発想はやっぱり難しいようです。それでもずいぶん頑張ってくれましたが。

物が多くても小さな家ですっきり暮らすためにはやっぱり外部収納が必要、そして庭の管理に必要な外で使う道具も多いのでやっぱり外部収納は必要です。家のものだけではなく草刈機やサーフボードもあり、さらに主人の仕事関係のものもわんさかあるので、大きな物置が必要なのですが、問題は置く場所。物置の美観はあまり良くないのでお隣さん側にはできれば置きたくないのですが、反対側の土地に置くのは実質的に難しそうです。隣の塀から家までの土地自体はまあまあ余裕があるので置けるかなと思っていたのですが、反対側の土地は塀から15cmはうちの土地ではないことと工務店に相談したところ家のメンテナンスのために80cmくらいは家から離して置かなければいけないということで左右合わせて1mほど空けなければならず、営業さんに下見に来てもらったのですがそうすると置けないんですよね。となると、お隣さん側になるのですがお隣さんはリビングがこちら側なんです…いくら隣の土地で離れているとはいえ、やっぱりリビングの目の前にデーンと物置は嫌ですよねー。家の設計段階でも当初は通例通り家をなるべく北側に寄せて南側の土地を大きく使うために家の配置がギリギリまでお隣さん側に寄っていました。でもそれってお隣さんにしてみればすごく嫌ですよねえ。同時期に建った家ならともかく、今まで5年以上も空き地だった土地に家が建って急に光も風も抜けが悪くなったら、あーあ家が建たなければいいのに…ってのが本音ですよね。設計事務所や相談した周囲の人からは別に普通のことでみんなそうするんだからいいんじゃないの?と言われましたが、お隣さん、ほんとにとてもとても良い方なのですよ。お世話になりっぱなしだったのでできる範囲で配慮できればと思い、家の設計段階から家の形や配置を計画して結局土地をうまく使いながらもお隣さんからは4m弱離すというプランが出来上がったのです。なのに、物置。こんなに頑張ったのに、物置が。。

お隣さんはとても良い方なので相談すればきっと気にしないで下さいっておっしゃると思うのですが(というか、お隣さんもそれしか言いようがないですよね、、)嫌に決まってます。なので、せめて見た目の悪くない物置を検討中。

■三協フロンティアのバイクガレージ

■三協フロンティアのパンダ

■ユーロ物置物置(↑の写真はコレ)


そして、フェンスも検討中です。お隣さんは共有塀でいいよ、と仰ってくださっていますがやっぱりそういうわけにはいかないですし、物置も設置することだし少しでもご迷惑にならないように塀を設置する予定です。塀に関しては長くなるのでまた次回。



<< 鉢カバー | 今日の夕日 >>

Comment form




 

   

Comments