子ども部屋について考える

3ヶ月前に書いてた日記をアップ。今日は5月17日。実は現在身から出た錆で困った状況にあり、文書にすれば状況を客観的に見ることができ解決へとつながるはずとアドバイスを受け、書いてみたりしてるのですが頭がぐるぐるしてうまく書けません。一緒に住んでる母は関西に行ってからもう2ヶ月も帰ってこないし、家で仕事をしてる主人は仕事がはかどらず収入は減ってくし、ストレスが大敵な持病を持ってる私は病気が再燃して出血してしまいとうとう絶対やりたくなかった小腸カメラをすることになってしまうし、、ちびはイヤイヤ期真っ只中でべびは夜泣きの月齢。後厄も終わったはずなのにー誰か助けてー涙 誰かが家をパワースポットにするのはとても大事!と言ってたけれど本当にそうですねえ。今の家は永住は諦めたけれどあと4年弱は住むので、なんとか家をパワースポットにするべくがんばろうと思います!まずは子ども部屋から!ということで3ヶ月前から書き途中だった日記を。







最近子ども部屋どうしようかなーと検討中。

子ども部屋とは言っても、普通の間取りではない我が家。そう言えばうちって何LDKなのでしょうか、、3L2DK2?とにかくよくわからない間取りの家ですが、現在は将来の子ども部屋に次女用のベビーベッドと、クイーンとスモールサイズのベッド(合わせて240cm)をくっつけて置いて家族みんなで寝てます。数年経ってからは私たちがクイーンサイズ、長女がスモールサイズのベッドを使う予定。個室は小さくをコンセプトにしたのでこの部屋は現在は7.5畳ほどですが、将来2つに分割するとかなり小さめ。でも天井が4m以上あるのでそんなに狭く感じません。今は部屋の半分をベッドが占めていて、残りの半分にちびのおもちゃキッチンが置いてあるくらい。ここをどんな風にしようかなあと検討中。

現在長女(ちび)は約2才半、次女(べび)は6ヶ月。ここには何年住むかはわかりませんが(ここはそもそもはウィークエンドハウスのはずだったので)、彼女たちの人生で最も大切な最初の数年を過ごす家です。三つ子の魂百までとはよく言ったものですが、最近聞いた話では3才まではパソコンでいうところのハードウェアを作ってる段階で、それ以降はハードウェアを一切作りかえられないとのこと。できるだけ多くの人、物、場所を見せて、聞かせて、触れさせて、想像力を刺激して冒険させる。のびのび育児をモットーに日本の基準ではかなりワイルドに笑 育てられてるうちの子どもたち、、できるだけ色々な場所に連れていくのはもちろんですが、一番多くの時間を過ごす家での記憶もその後の彼女たちの長い人生を支える宝物のような記憶に残ってほしいなあと思っています。

こんなお部屋にインスパイアされてます。写真は全てpinterestより。




もともとはベビーベッドの上にnumero74のキャノピーを設置しようと思っていて、でも可愛すぎるかなーとやめてティーピーにしようと思っていたけれど、中がなかなか狭いのとお店屋さん遊びもできるようにしたいのでティーピーはお庭にすることにして、おうちっぽいものにするつもり。ちなみにikeaのキッチン、numero74のガーランドコットンボールランプ、絵本棚はすでに入手済み。

あー。将来こんな姉妹もいいなあ。ぽわわん。




<< 塀検討中 | 

Comment form




 

   

Comments